真空メロウblog「蟹の構造」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     昨日は久しぶりに真空メロウでスタジオ練習だった。
    昔は最低週1回は入っていた。今となってはその感覚がわからない。
    むしろ惰性で毎週やるぐらいなら、やんない方がいい。
    音楽はスポーツみたいなところもあるが、そうでないところも多分にあってつくづくおもしろい。

    肝心の練習は2時間押さえていたスタジオで、メンバー3人揃ったのが終了35分前。
    その35分でだいたい1曲出来上がった。

    自分がおもしろいと言っているのはそこにある。
    遅れてきたメンバー、待っていたメンバーの言葉にする必要のない感覚を伴った35分は、
    お行儀の120分とは比べられない絶対的な時間の流れ方をするということだ。
    私はマジカルを信用している。
    スポンサーサイト
     今日は渋谷PARCOに行ってきた。
    あとはDVDで映画観て、曲作って。

    先日は久しぶりに真空メロウのメンバーで、リハではなくてバットを振った。
    一名めちゃくちゃ体調悪そうで、自分も結構疲れてた。
    自分の思考は特殊なので、なるべくいつも人に合わすようにしている。
    という思考が疲れてる証拠だな、と客観的に思う。
    三日前なのにまだ筋が痛い。

    普段あんまりライブやりたいとか歌いたいとかひとつも、
    思わんけど、はやく7/7が来ないかなと思っている。
    これからのひと月はそれに向けての準備に全力を注ぐつもりだ。
     名前を本名に戻した。
    名づけ親が両親ではない、変な怪物であるため、
    まったく嫌な名前だと思っている。呪われている。
    その反動で名前を考えるのが好きで、暇があれば名前を創作して遊んでいる。
    そもそも「何者でもない」という感覚しかない。
    例1.「何者でもない」人間にとってスカイツリー開業はエッフェル塔よりも遠い。
    例2.東電の値上げや政治に文句つけてる人間はさらに遠く。かつうらやましい。
    例3.人生はなじめないパーティ。

    名前なんかどうでもいい。
    だから次は戸部守か次代作吾か横滑正吉に改名しようとしていた。
    でもよくよく考えたらほんとうに「何者でもない」としたら、
    吐き気がしても自分は「今井勝彦」でしかないことに今日気がついた。じゃあそれで。
    ツイッターも新しく@imaikatsuhikoでアカウントを取った。

    自分本位の処理にすぎない。
    生じるデメリットやリスクは客観的に小規模のため無視した。




     去年の今ごろは東日本大震災から2か月経ったころで、
    現実的反応も行動もできずその罪の意識をひたすら内攻させていた。
    そうだった人も多いかもしれない。少ないかもしれない。

     もう特に生きていて気になることは2つくらいしかなくて、
    死ぬ前にと考えたらやっぱり真空メロウもっかいやらんと後悔すると思ってまた始めた。
    誰に頼まれたわけでも職業としてでもない音楽をもう少しひねりだしてからじゃないと死にたくない。
    と素直に思う。
    日記は暗いが音楽は楽しみたい。楽しい音楽じゃなくて。
    まだ半分以上残っている30代ぐらいは光に向かって、
    手に汗握って操縦桿をあやつっていたい。



     

     
     自殺推進。反自殺。という言葉を聞いたことがないのと同じことで、
    原発推進。反原発。というのがおれにはわからない。
    単純な二元論こそ複雑で止揚にもっていくことすらむつかしいテーマを、
    むつかしいゆえに一元論にふりきってもっていくのはおれの仕事ではない。
    正誤の問題は重要ではなくて、
    おれには同じ顔に見える。誰の顔もひきつっている。
    真顔の反転能面が順番にならんでる。

     このマーブル感をマーブル忌井としてはバンド音楽に直結させたい。
    今まで、酩酊するから夜風呂入れないと思い込んでいたけれども、
    最近、飲む前に入ればいいんだということに気がついて、目から金魚。死霊のはらわた。




     普通にホロウの松本君とくだらないメールのやりとり。
    先日のLOFTにふらりと観にきてくれたり、
    つい最近まで知人やライブハウスで
    「真空ホロウって知ってる?どう思う?」って聞かれて
    困ることたびたびであったわけだけれども、
    今は「応援しとるよ。」の一言である。


     昨日は長い付き合いの3人で飲んでいたわけだが、もう無茶苦茶であった。
    せっかく会ったのに楽しもうとする気が2人まったくないのだ。
    安心してふぬけてるのか、お豆腐と話をしているみたいだった。
    誘った手前おれはがんばった。
    なぜがんばってるのか途中からよくわからなくなってたが、
    集まったからいいとしようというとこまでハードルをさげて、形にはなったと思う。
    次回は忘年会で。(それまではしばらくいい…)下北玉金で。楽しみだ。(おれだけかもしれないが…)


    ■Emerald 1st EP “This World ep”完成記念Party
    "ばんにねがいを"

    open18:00/start18:30
    adv2.400/door2.800

    act/
    Emerald(ナカノヨウスケwithModeast)
    wooderd chiarie
    真空メロウ
    きのこ帝国

    DJ DJ iserobin






    現在、リニューアル中というか近々素材録りにスポーツしに行く予定です。
    それまで、できあがるまで、もう少しこの「蟹の構造」でぽろぽろいこうかと思います。
    真空メロウは再結成後ライブもこなれてきて、個人的には音が出てれば問題ないと思っています。
    また、幸運にも共演者や、観に行ったライブもいいものが多くて、音楽が治療になっているようで、
    上京してきて今が一番元気です。9日に33才になります。
    結婚して子供も欲しかったですが、おしいところまでは行きましたがダメでした。
    メンバーが結婚して子供がいることが本当に自分はうれしいです。


    僕にとって音楽はサムシングだから、あざとかほくろとか、気になるけどこびりついてるけど、
    本質ではないというか、でも命があるだけで本質は存在しないという考えだから、
    一等そのサムシングが大事なわけで、それに付き合ってくれる仲間がいるだけで僕は幸せです。

    7月7日は下北ERAでなっかんのEmeraldと対バンです。
    ぜひ観に来てください。
    なっかんと僕は生田で出会って。
    生田唯一の?夜景スポットで、柵に腰掛けて二人で発泡酒飲んでたのが、
    ついこの前の夏なんだけど、あの時はEmeraldも真空メロウもなかったし、
    こうやって暗い運命から紐付いて明るい未来ではないかもしれないけれども、
    日の差す方へてんとう虫みたいに二匹が足をわさわさしているようで、
    彼ならもっとイケてるバンドを誘えるはずなんだけど苦笑、誘ってくれてとてもうれしいです。
    ありがとう。いい夜にしようね。






    SKIN:Babyish-
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。