真空メロウblog「蟹の構造」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    その後どうしようか。少し考え始めている。
    現状いらんことを言えば、やってみたけどできんかった、というオチというかピリオドもあり得る。
    それでもある程度前もって決めておかんといかん。
    できたとなったとき用に。

    別にネット配信とCDR自主通販でいいか、というところから欲が出てきて、それだったらCDプレスした方が。

    予算的には録音がスムーズに行って、マスタリングしたら資金は尽きる。


    ひとつ言えるのは、タワレコに並べるために、もう切れてるような古い縁に頭下げて頼ったり、流通さがして尽力するより、
    同じエネルギーを使って自前でやるつもりでいる。

    だって、頑張って置いてもらって試聴機入ってもサイクルですぐ外されるわけで、
    そういう扱いをされる音楽をたくさん見てきたし、こちらからお願いする気にはさらさらなれない。
    置いてええよ、言われたらすぐに納品する。あんまりにもバンドの地位が低すぎるように健気すぎるように僕は感じているから。

    たくさんの人に聴いてもらいたければ、それなりのやり方が決まってある。
    真メはそこから時間をかけてたまたま外れて、まさに真空状態でメロウな音源を作ろうとしている。

    いいわるいの話ではないのです。

    念のため。
    スポンサーサイト
    SKIN:Babyish-
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。